十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
北区 十条 東十条 歯科 歯医者 ながお歯科クリニック
HOME/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック

治療案内/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
予防歯科
一般歯科・小児歯科

情報コーナー/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
治療までの流れ
よくある質問
患者様の声
料金案内

ながお歯科クリニック/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
医院案内
院長挨拶
スタッフ紹介
医療設備

ながお歯科クリニック バナー/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック

ながお歯科クリニック 診療案内
          よ く あ る 質 問

患者様から良く伺うご質問を紹介します。

ご自身の治療にお役立て下さい。

歯のクリーニングはどれくらいの間隔でしてもらえば良いのですか?
サンプル画像 人間一人一人のお口の環境は千差万別です。とてもきれいにお手入れしている方もいればそうでない方もいます。
また生活環境や生活習慣、さらには体質的な事もお口の環境に影響します。そしてクリーニングの間隔は患者様のお口の環境によって決めていくのがベストです。
つまり一概にこれ位とは決められるべきものではありません。最初、お手入れに慣れないうちは短めでも上手にお手入れが出来るようになれば長めになるという場合もあります。ただ、一般的に大体3ヶ月〜6ヶ月おきという方が多いようです。

じっとしていても歯がとても痛いので歯医者に行ったら、歯ではなくて歯ぐきの炎症だと言われました。すごく痛いのに虫歯ではないという事があるんですか?
サンプル画像 どこが痛いかは別にしてかなりの痛みがあるということはどこかにひどい炎症が起きている可能性が多分に考えられます。それが虫歯やそれに続く歯の神経の炎症である場合ももちろんあります。普通、痛みがあると虫歯と考えがちですがその炎症が歯を支えている歯ぐきなどに起こっても痛みを引き起こします。ただ、痛みの性質が違う場合が多く、虫歯や神経の痛みは冷たいものや熱いものなど温度の刺激で痛みが引き起こされたりひどくなったりするのに対して歯ぐきの痛みは温度の刺激などでは変化せず、むしろ歯が浮いたような痛みがある場合が多く、すこし何かが歯に当たっただけで痛みが増強する事が多いようです。

歯の神経を抜くという事は歯を抜く事とは違うんですか?
サンプル画像 抜くという言葉を使うと、どうしても歯を抜くというイメージを持たれる方も多いと思いますが全く違う処置です。歯の中には歯の知覚を司る神経や栄養を送り込む血管が入っています。虫歯が進行してこの神経にまで及ぶと痛みを生じ、神経そのものを除去しなければならない場合があります。これが神経を抜く処置ですが、歯の中に入っているものなので、歯の一部に穴をあけて除去するのでもちろん歯自体は残ります。除去したあとは入っていた穴に細菌などが入らないようにきちんと薬を詰めます。また、栄養を送り込む血管も除去されるのでどうしても歯自体が弱くなってしまうのでその後は土台などを立ててかぶせ物をして補強します。かぶせ物をしている以外は普通の歯と見た目は変わりません。

痛みがひどい時は麻酔が効きにくいと聞きましたが本当ですか?
サンプル画像 麻酔薬はその作用の仕組みから通常のアルカリ性の組織ではよく効くようになっています。しかし、炎症がひどくて痛みが強い場合は組織が酸性に傾いているので効果が減弱されてしまうのです。なのであまり痛みがひどくないうちに治療をした方が良いのです。

赤ちゃんの歯みがきはいつから始めたら良いですか?またどのようにしたら良いですか?
サンプル画像 最初の乳歯が生えたら始めましょう。ただし、乳歯は小さいですし赤ちゃんのお口の粘膜はとても柔らかくて傷つきやすいです。むずがる事もあるでしょう。なので最初は歯ブラシではなくて塗らしたガーゼやめん棒などでお母様が歯を優しく拭うようにしてお掃除してあげましょう。ある程度、本数がそろってきたら小さい赤ちゃん用の歯ブラシなどで磨いてあげましょう。お母様が歯ブラシをお口の中に入れる事に慣れるという事も大切な習慣です。その後は徐々に段階を経て一人で磨けるようにしていくのですが、それまでには時間がかかりますので必ずお母様やお父様の仕上げ磨きやチェックが必要となります。3歳頃に一度、歯医者さんに練習しに行くと良いと思います。

.

COPYRIGHT(C)2008 ながお歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.