十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
北区 十条 東十条 歯科 歯医者 ながお歯科クリニック
HOME/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック

治療案内/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
予防歯科
一般歯科・小児歯科

情報コーナー/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
治療までの流れ
よくある質問
患者様の声
料金案内

ながお歯科クリニック/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
医院案内
院長挨拶
スタッフ紹介
医療設備

ながお歯科クリニック バナー/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック

ながお歯科クリニック 診療案内
          一般歯科・小児歯科

小児歯科について

.
院長の経験から治療に慣れないお子様のその純粋な心に歯医者さんや歯科治療は怖いという恐怖心を与えてしまう事はそのお子様の将来に大きな影響を与えてしまう可能性があると考えております。なぜならばその恐怖心は成人しても根強く心のどこかに残ってしまう事が多いからです。当クリニックではそのお子様の慣れの度合いに応じて、遊びのようなトレーニングなどから始めて、徐々に必要に応じた治療に移行していくなど一人一人のお子様に応じた対応をさせていただくようにしております。また、就学前のお子様に関しては無料でフッ素塗布をしております。

シーラントについて
小児歯科特有の処置の一つです。虫歯のできやすい場所のひとつである歯の噛む面の細かい溝を歯と同じ色のプラスティックで封鎖することによって汚れが溝にたまるのを防いだり、ブラッシングをしやすくし虫歯の発生を予防します。一般に6歳前後より大人の歯が生え始めますが、生え始めの歯はまだ歯質が充分に成長していないので虫歯になりやすいためとても有効な処置です。削る必要もないので痛み等は伴いません。ただ、プラスティックが欠けたり剥がれたりすることがあるので定期的に検診が必要となります。

フッ素について
フッ素は歯の一番外側にあるエナメル質という層の成分に作用し、歯を虫歯になりにくくする働きがあります。シーラントの所で生え始めの歯は歯質が充分に成長していないので虫歯になりやすいと説明しましたが、同時にフッ素にもよく反応して効率よく取り込まれます。比較的濃度の高いジェル状のフッ素を必要に応じた部位に塗布(3分程度)していきます。その後は30分位は食べたり飲んだりは避けていただきます。年に1回の塗布でも効果はあるとされていますが検診とともに3〜4回塗布するのが理想的です。また、診療室でのフッ素の塗布の他にご家庭でも低濃度のフッ素の入った歯磨剤を日常的に使用されると効果的です。そのような製品のご説明や使い方もご紹介しています。

.
一般歯科には虫歯の治療や歯を支える歯ぐきの治療、また失ってしまった歯を補うなど様々な治療があります。まずは患者様が一番気になる部分を中心に色々とお話を聞かせていただいた上で、レントゲン撮影や各種検査を必要に応じて行い、どのような状態でどのような治療法があるのか、また数本有る場合はどのような順序で治療していくのかなどをご説明させていただきます。その上で改めて患者さまのお気持ちやご希望を聞かせていただき、なるべくご希望に沿うような方法を提示させていただき、十分に納得していただいた上で治療をはじめて行きます。また、治療が始まった後でも何か疑問点や不安な事がありましたら、いつでもご相談下さい。

一般歯科について

虫歯の治療

虫歯の進行度

進行度C1:歯の表面の一番硬いエナメル質という部分に限局した虫歯です。エナメ
       ル質は神経がかよっていないので痛みを感じません。

進行度C2:エナメル質の下の象牙質という部分にまで及んだ虫歯です。象牙質は神
       経がかよっているので冷たいものなどの刺激で痛みを感じます。

進行度C3:さらに進行し、歯の神経にまで及んだ虫歯です。神経が炎症をおこして
        いるとかなり強い痛みを感じることが多い状態です。

進行度C4:歯のかなりの部分が虫歯におかされて崩壊した状態です。ここまで進行
       すると歯を抜かなくてはならない場合が多いです。


治 療

C1やC2の場合はその虫歯の大きさや部位、進行具合によりいくつかの治療方法があります。

【レジン充填】
比較的浅くてあまり大きくない虫歯でよく行われる治療です。虫歯の部分を除去して歯と同じ色の硬いプラスティックを詰めます

【インレー修復】
進んだ虫歯や大きい虫歯でよく行われる治療法です。虫歯の部分を除去して型をとり、部分的な金属の詰め物を作って詰めます。

【クラウン修復】
さらに広範囲に進行した虫歯や神経を除去した歯で行われる治療です。やはり型をとり、歯の形をした全体をかぶせる金属のかぶせ歯を作ってかぶせます。

C3になると神経が炎症をおこしていることがほとんどなので場合によっては神経を除去する歯の根の処置が必要になります。

抜髄・根管治療:神経を除去して、神経が入っていた管を消毒して細菌がはいらないように特殊な詰め物でふさぐ治療方法です。また神経がもうない歯などでも根の周囲に病巣がある場合に行われます。

歯ぐきの治療
歯自体ではなくて歯を支えている歯ぐきの炎症により骨がなくなってしまう病気を歯周病といいます。(よく歯槽膿漏といわれる病気です。)歯周病の治療では虫歯の原因ともなる汚れのかたまりであるプラークやそれが硬くなった歯石を除去することが大切になってきます。歯石などをとる歯科医院での処置だけでなく普段のブラッシングなどのお手入れも重要になってきますのでその練習も大切な治療です。歯周病は歯科医院での専門的なお掃除と患者様ご本人によるお掃除と二人三脚で治療していきます。

失った歯の治療
無い歯の数や部位によって前後の歯を土台にした固定性のブリッジという治療や出し入れが必要な義歯(入れ歯)、また人工歯根のインプラントなどがあります。インプラントに関しては当クリニックではやっておりませんのでご紹介をさせていただきます

.

COPYRIGHT(C)2008 ながお歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.