十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
北区 十条 東十条 歯科 歯医者 ながお歯科クリニック
HOME/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック

治療案内/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
予防歯科
一般歯科・小児歯科

情報コーナー/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
治療までの流れ
よくある質問
患者様の声
料金案内

ながお歯科クリニック/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック
医院案内
院長挨拶
スタッフ紹介
医療設備

ながお歯科クリニック バナー/十条 東十条 歯科 歯医者 女医 北区 ながお歯科クリニック

ながお歯科クリニック 診療案内
            予 防 歯 科

予防歯科について

.
何も自覚症状がなければ歯科医院に行きたくない・・・という気持ちは誰もが感じる事です。しかし、虫歯は初期から中期にかけてはほとんど症状がなく進行していく事が多いのです。また、症状が出た時には麻酔が必要であったり、急性のひどい症状の時は麻酔さえきかない場合もあります。逆に初期であれば麻酔を使用しなくても痛い思いをせずに治療できたり、お手入れに注意して経過観察のみで治療さえ必要が無い場合もあります。

.
つまりお口の状態が悪くなればなるほど、治療も大変になり、時間も回数も費用もかかってしまいます。それを避けるためにも治療と平行して虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石の除去などお手入れの指導やお口のお掃除も必要に応じて行ってまいります。また、治療後も定期的な検診による健康なお口の維持やお口の疾患の早期発見や早期予防にも力を入れています。

プラークとプラークコントロールについて
虫歯や歯周病の原因となるプラークはネバネバした特殊なフィルムに包まれた細菌のかたまりです。これは細菌が食べ物などに含まれる糖分を利用してネバネバしたフィルムを作り、さらにはその物質でたくさんの細菌をくっつけあってできます。これがたまるとその中の虫歯菌が食べ物の砂糖を餌として食べ、排泄物として酸を出します。この酸が歯を溶かしてしまうのが虫歯のはじまりです。また、歯と歯ぐきの境には歯肉溝と呼ばれるポケットのような溝がありますが、ここにもプラークはたまります。そしてそのプラークがたまり、さらに唾液の中のカルシウム分などを吸収して硬くなったものを歯石といいます。

この歯肉溝のプラークや歯石が歯ぐきに炎症をおこすのが歯周病のはじまりです。
このようにプラークは虫歯や歯周病のどちらの原因にもなります。つまりこのプラークをためないようにしたり、除去することをプラークコントロールといい、もっとも重要な予防法なのです。プラークコントロールは歯科医院で行う専門的なクリーニング以外にもご家庭で行うブラッシングも含まれます。ブラッシングというとまず歯ブラシを思い浮かべますが他にもさまざまな清掃用具があります。これらを必要に応じて使う事も大切な予防法です。

.

COPYRIGHT(C)2008 ながお歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.